このブログ。
気付けば預かり猫やシェルターの猫やボランティアのことばかりで。

最近、体力も気力も停滞ぎみの私には少々疲れてきたというか・・・
なんだか色んなことがドバーっと波の様に押し寄せてきて。
当然、どんくさい私は波に乗れるどころかのまれて溺れる(笑)

そろそろ、ゆるりとしたいかな(猫とともにね)
自分の書きたいこと書こうと決めた(個人ブログだもんね)


正直身体が悲鳴をあげてるんですTT
そりゃね、8kgも痩せたらね身体動かなくなるし。
頭痛持ちがさらに頭痛倍ど~んだし。
仕事も家事もうぇ~だし。

疲れたんです。
何もかも嫌になったんです。
っていうのが「わーーーっ」ってやってきて。

そういうクサクサした気持ちの時に思い出すのが
ちっぷのおばあちゃん

蜑咲伐螳カ+059_convert_20140411090303
(あ、これおばあちゃんじゃないです。ひさびさにサクラを・・・)

北海道のヘソより少し上に小さい町があって(愛称ちっぷ)そこにおじいちゃんとおばあちゃんが住んでた。
おばあちゃんは、ちっちゃくってコロコロしてて
いっつもニコニコしてて仏様みたいな優しい人だった。

お正月・お盆は必ず従兄弟たちが集まって。
ほんとうに行くのが楽しみだったな。

国道沿いの小さな古いお家だったけど、子供にはすごく広く感じて。
トイレまでの長~~~い廊下がとっても好きだった。
ほんとうはそんなに長くないんだけど、自分家に廊下が無かったから憧れもあったよね。

家の裏は広い畑で(農家じゃないんだけど)お隣さんに畑を貸せるぐらいの広さで。
おばあちゃんが一生懸命野菜を育ててたから、とっても美味しかった。

でも、なぜかちっぷに行くと夜、必ず喘息になっちゃって。
でもちっぷ以外では喘息なんか出ないから、お母さんに訴えてもよく解ってもらえなくて。
寝れなくて辛かった。
今ならわかるけど、ハウスダストでのアレルギーだったんだと思う。

かくれんぼで押入れに入ったり、お布団ひいてから遊んだり。
そんな時は必ず喘息に。
おばあちゃんが暗い畑に行って、採れたてのネギを焼いて首にまいてくれたの。
ビックリするほど楽になって、魔法のように思えたな。

猫にもアレルギーがあって、ひどくはないんだけどクシャミとか結膜炎とか。
あんまり触っちゃダメ。触った手で目を触っちゃだめ。
って言われてた。
でも大好きだったからあんまり気にしてなかったの。

だけど、ある時ちっぷの畑に猫が2匹。
寄り添ってベランダの方を見てる猫。
白黒のコとヨモギのコ。
すごく不思議なそのコ達は、私が触りに行っても逃げることなく甘えてくれて。
ほんとうに可愛くてずっと一緒にいたくなった。
子供ながらに飼えないことは解ってたから、ダダはこねなかったけど。

蜑咲伐螳カ+095_convert_20140411090018

でも、やっぱりその夜喘息が出ちゃって。
「猫触るから!!」
ってなっちゃうわけ。しょうがないけどね(笑)
そんなふうに言われることは気にしなかったんだけど。

次の日にまたあのコ達が遊びに来てくれてね。
とっても嬉しかったんだけど。
触っちゃダメって言われるもんだから窓越しに見てた。

そうしたら、横でおじいちゃんがね、
「シィーッ!!」って猫達を追っ払っちゃった。
おじいちゃんの優しさを知っていたから何も言えなかったな。

横でおばあちゃんが
「なにも孫が可愛がってるのに、そんな追い払わなくても・・・」
って言ってくれたの。

おじいちゃんに追い払われた時のあのコ達の悲しい表情が染み付いちゃってね。
昨日は優しくしてくれたのに、なんで?って
何も悪いことしてないのにね。
私が触っちゃっただけなのにね。

それからそのコ達に会うことはできなかった。


簡単に拾って、飼えなくなったら簡単に捨てる。
そんな人間にならなずにすんだのは、あのコ達のお陰。
ずっと思ってた
「ごめんね」って。

縺輔¥繧・003_convert_20140411090423

今日は父の命日なのにね。
おばあちゃんネタなんてね。
へんなの・・・



スポンサーサイト

別れ

たまえの風邪っぴき

comment iconコメント ( -4 )

いろいろ頑張り過ぎちゃったかな?
少し休みましょうね^ ^

おじいちゃんちの懐かしい思い出、喘息だったんですね・・・小さい時からボランティアの芽が育くまれていたんだな〜納得‼︎(^ν^)

名前: meriko [Edit] 2014-04-11 13:32

Re: タイトルなし

昨日は頭が痛くて痛くて。
全然寝られなかったんですけど、そんな時は決まって昔のことを思い出すんですよね。
浮き沈みが激しくて(笑)
もともとかなりな引きこもりタイプなので、表に出る時はエネルギー使いまくるんです^^;
以外でしょ~^^

あんなに印象に残る猫、今でも不思議。
ヨモギのコとっても綺麗だったんですよね^^

名前: サクラッチェ [Edit] 2014-04-11 21:03

NoTitle

私もこの頃疲れ気味
精神的なことなのわかっているんです
お婆ちゃんっ子の私にはわかるな^^
そしてこんなに動物保護に走るのは父譲り^^
そして母と妹からの虐待に耐えれたのは動物達のおかげ
旦那や息子にはわからないでしょうね・・・
今まで生きてこれたのは父と祖母そしてたくさんの動物たちのおかげなのですから
私に出来るお礼なんです

名前: 茶チャママ [Edit] 2014-04-12 09:21

茶チャママさん

茶チャママさんもお疲れでしたか。
私っておばあちゃんに顔がそっくりって言われるんです。
中身は全くおばあちゃんには遠いですけど^^;
気持ちを尊重してくれたり、かばってもらったり、小さい子供でもそういう記憶ってしっかり残ってますよね。
そしていつも寄り添って心配してくれる動物。
実は私の家族誰にもボランティアを理解してもらえてないのです(笑)

名前: サクラッチェ [Edit] 2014-04-12 23:50

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。